Home > 英語

英語 Archive

スポンサーサイト

英作文の比重

英語には大きく分けて、「読み」と「書き」があります。書き、すなわち英作文と読みをどういう配分にするかですが、私は読み重視にした方がいいと思います。英文を読むことで、英語の言い回しに多く触れることになります。つまり、英文を読んでいるうちに、こういう場合はこう表現する、というのが無意識に頭の中にインプットされるんです。インプットとアウトプットは表裏一体。もちろん吐き出す練習も必要です。必要ですが、それ...

英語の教科書丸暗記

語学の最も効果的な勉強法として提案したいのが、「完全丸暗記」です。その名の通り、英文を完全丸暗記します。私は中学の間はこれを実践していました。高校になると分量上不可能になってやめてしまいましたが、中学の時にやっていただけでもかなり効果はあったと思います。そもそも始めたきっかけは、定期テストでいい点を取りたかったからです。教科書の英文を丸暗記しておけば、はっきりいって最強です。まず、文中穴埋め問題は...

英語の試験の解答作成

英語の試験の解答作成時における注意点です。下線部和訳や英作、どちらにもあてはまることですが、分からない部分のスペースを空けるのはやめましょう。これは結構犯しやすいミスです。英訳で分からない単語の部分を飛ばして、その前後だけを解答欄に書く。英作で分からない部分を空白にして、前後だけ書く。空けずになんでもいいから埋めてください。和訳で分からない単語があるなら、前後から推測するという手があります。前後を...

英単語の受験テクニック

これは難関大学になればなるほど、避けては通れない問題です。知らない英単語が出てきたときの対処法。難関大学になればなるほど、英文のレベルも上がります。それに伴い、一般的な単語帳に載ってないものもでてきます。これは、でてきてしまうのではなく、大学側が意図して出している部分があります。というのは、大学側は「知らない単語が出てきたときに対処する能力」を調べようとしているからです。つまり、わざと知らない単語...

英語の和訳のポイント

英語の和訳問題で解答を作るときの注意点。その日本語、普段話して違和感ないですか?この意識をもつだけでも、それほどひどい和訳をしなくなるはずです。「直訳→和訳」の流れは絶対ですが、直訳のまま答案を書くと、普段絶対口にしないような"謎な日本語"になっていることが多いです。そこで、和訳を完成させた後で一呼吸置いて、「この日本語を会話で使うか」ということを確かめてください。ここで、おかしい!となれば、再考の...
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。