Home > 数学

数学 Archive

数学の問題集の進め方

★数学の問題集を進める方法問題を解く→解ける→別解も理解↓つまる↓解説を読んで理解する(ここで終わらないことが大切)↓もう一度解説を見ずに解く↓つまれば「解説を読む→解く」の繰り返し↓解けるようになればそこでok↓自分の判断で重要だと思えば印をつけて忘れた頃にもう一度解く...

数学の大学受験対策

英数国どれにも言えることだが、数学も積み重ねが大切な科目。短期間集中したからといって一気に伸びるものではない。最低限、毎日すること。毎日○問しろ、とは言わないので1問でもいいからしてほしい。とにかく勉強しない日を作らない。数学は結局、いかに解法パターンが頭に入っているかによるところが大きい。難関大学の受験ではその場でのひらめきが大切な問題も多くなってくるが、その場合でも前提となる知識があってこそのひ...

大学入試の数学対策

どれくらいが適切な難易度か。「解けないが解説を読めば理解できる」私はこれくらいが丁度いい目安だと思う。正直、「解ける」問題を解いても意味はない。あえて言うなら実力を定着させることには役立っているのかもしれないが、向上の効果は極めて薄い。以前、量をこなせと言ったが、この目的は「解けないが解説を読めば理解できる」レベルの問題を発掘することにある。この問題にどれだけめぐり合えるかが勝負。そして、当然「解...

大学への数学

どの科目もそうだが、数学も過去問のやりこみ度が大きくものを言う。最後2ヶ月は過去問オンリーで問題ない。問題が尽きれば、それに準じたものをやる。私がやっていたのは「大学への数学シリーズ」の○大○年分という過去問集だ。最後の総仕上げとしてこの「大学への数学」はかなりオススメ。なんといっても各問題に難易度が付いていることが嬉しい。「解けないが解説を読めば理解できるレベル」を探しやすいのだ。過去問は一年単位...

数学の勉強法

数学では、適切な難易度の問題を解き、解けない問題を解けるようにする。解ける問題を何度繰り返し演習するのは間違った勉強法。そして、数学においては特に「分かる」と「解ける」は違うことを特に意識すること。直前期は過去問で最終調整するのが良い。当然時間を計るように。...
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top