Home > スポンサー広告 > 英語の試験の解答作成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > 英語 > 英語の試験の解答作成

英語の試験の解答作成

英語の試験の解答作成時における注意点です。

下線部和訳や英作、どちらにもあてはまることですが、分からない部分のスペースを空けるのはやめましょう。
これは結構犯しやすいミスです。
英訳で分からない単語の部分を飛ばして、その前後だけを解答欄に書く。
英作で分からない部分を空白にして、前後だけ書く。
空けずになんでもいいから埋めてください。

和訳で分からない単語があるなら、前後から推測するという手があります。
前後を訳せば、あとは国語力を動員すればある程度の推測は可能です。
これを実践するには、普段から単語を推測する癖をつけておくこと。
つまり、安易に辞書を引かないように心がけることです。

知らない単語が出てきてもすぐに辞書を引くのではなく、前後から推測する。
そうして初めて辞書を引くのです。

英作でも同じ。空白はいけません。
英作文はいかに簡単に表現できるかが勝負でもあります。
難しいイディオムなどを駆使しなくても、簡単な表現で答えることができます。
空白を作るということは、もしかしたら貰えていたかもしれないのに自分から「部分点はいらん!!」と宣言しているようなものです。

意地でも埋めましょう。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。