Home > スポンサー広告 > 成績上昇の潜伏期間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > 勉強法の相続全般 > 成績上昇の潜伏期間

成績上昇の潜伏期間

心を入れ替えて、むちゃむちゃ勉強した。
勉強法を変えてみた。

すぐに結果が出てほしいのは分かりますが、現実そうもいきません。
勉強の成果が成績に反映されるまでには、潜伏期間があると言われます。
その期間、約3ヶ月。

英数国では特にです。
英語はある部分をマスターしたからといって、すぐに成績が上がるものではありません。
文法、読解、英作力・・・
いろいろなことの「総合力」が試される科目だからです。
数学、国語も同じ。

これに対して、社会系や国語の中でも漢文などはすぐに現れる傾向があります。
覚えれば点数に反映されますからね。

そういうことなので、勉強法を変えて暫く成績が伸びなくても焦らないこと。
やり方をコロコロ変えるのは逆効果です。
勉強したのになんで成績が伸びないんだろ・・・
という悩みも同じことです。
継続していれば効果は現れてくるでしょう。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。