Home > スポンサー広告 > 大学入試の数学対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > 数学 > 大学入試の数学対策

大学入試の数学対策

どれくらいが適切な難易度か。

「解けないが解説を読めば理解できる」

私はこれくらいが丁度いい目安だと思う。
正直、「解ける」問題を解いても意味はない。
あえて言うなら実力を定着させることには役立っているのかもしれないが、向上の効果は極めて薄い。

以前、量をこなせと言ったが、この目的は「解けないが解説を読めば理解できる」レベルの問題を発掘することにある。
この問題にどれだけめぐり合えるかが勝負。
そして、当然「解ける問題」に変える。

こうすることにより、次から同じような問題が出てくれば解けるようになる。
また、「解けないが解説を読めば理解できるレベル」が拡大していく。
これまで解説を見てもよく分からなかった問題も分かるようになっていく。
これが大学入試の数学実力アップのプロセスである。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。