Home > スポンサー広告 > 小テストを侮るなかれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > 勉強法の相続全般 > 小テストを侮るなかれ

小テストを侮るなかれ

小テストを甘く見ていませんか?

英語の単語テスト、国語の漢字テスト、古典の単語テスト・・・

"小"と付いていますが、この小テストの意義は大きいです。

英語の単語テストを例に取ると、最終的な英語のボキャブラリー数のうち、小テストで身につける割合というのはかなり大きいはずです。

英単語を普段覚えようとしても、限界があります。
単語というのは文章と違って、かなり無機質なものですよね。
それゆえ、イヤになるのも早いのです。(多分)
英単語を覚えるのが楽しくて仕方ないという人はそうそういないでしょう。
英語の文章を読むのが好きという人はそこそこいるでしょうが・・・

一気にやるのがきついからこそ、普段からちょびちょびやっておくしかないのです。
小テストはそれを実行するいい機会です。

先生が「小テストをします」と言ったら、「え~」などと思わずに、「勉強をするいい機会を与えてもらえた、ラッキー♪」くらいに思いましょう(笑


小テストは必ず満点狙いで!!
小さな努力は後になって、きっと、他の人が追いつけない程の大きなアドバンテージになっているはずです。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。