Home > 相続について > 法定相続分について

法定相続分について

法定相続分は、だれが相続人になるかによって異なります。

1、配偶者と子の場合
配偶者と子が2分の1ずつ相続します。
子が複数いる場合には、2分の1をさらに頭数で按分します。

2、配偶者と直系尊属の場合
配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1を相続します。

3、配偶者と兄弟姉妹の場合
配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続します。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top