Home > スポンサー広告 > 秘技・プチ内職

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > 勉強法の相続全般 > 秘技・プチ内職

秘技・プチ内職

学校の授業中にする、いわゆる「内職」。
一般的に内職というと、数学の時間に塾の英語のテキストをやるなど、全く関係ないことをすることをいいます。

でも、これって道徳的にまずいですよね。
先生の気持ちになって考えても、あまりオススメできません。
そこでやってもらいたいのが、「プチ内職」。
(名前は今考えましたが・・・)

プチ内職ってのは、モロに違う教科のテキストを開いて勉強するのではなく、こっそり違う勉強をしようというものです。
そのやり方は、ノートのすみに他の科目の事柄をメモするだけ。
あとは、授業中にそのページをチラチラ見て、頭に叩き込みます。
暗記系科目に有効な技ですね。

例えば、「EUの成立について」などというテーマを決めて、授業開始数分前にノートの隅っこなりにちゃちゃっと内容をメモします。
あとは授業中無駄だと思われる時間に、"ちょこちょこ"見るだけです。

この"ちょこちょこ"ってのがポイント。
一回の時間を増やすのではなく、回数を増やしたほうが暗記というのは効率的です。
また、覚えるぞ!!という気にならなくてもいいので、意外と気楽に覚えられます。
ここで他の記事で書いた、「何も見ずに書けるようにする」を組み合わせると効果抜群です。

先生にも失礼じゃないし、効果も見込めるプチ内職。
退屈な授業があれば、試してみてください。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。