Home > スポンサー広告 > 定期テストこそ全力で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > 勉強法の相続全般 > 定期テストこそ全力で

定期テストこそ全力で

(若干私学向けになるかもしれません)

定期テストの前日、どういった過ごし方をしていますか?
翌日の勉強をすることは間違いないのですが、問題は意気込みです。

定期テストの前日ほど大切な日はありません。
こんなことを言うのもなんですが、私は"大学受験のための勉強"に関しては、死ぬほどやった、とか、誰にも負けないほどやった、と胸を張れるほどはやってません。

ですが、各定期テストに関しては「死ぬほどやった」と自信を持って言えます。
今考えても、よくあんだけやってたな~というくらいテスト期間中は集中していました。

うちの学校は定期テスト期間というのが一週間ほどあったので、その間の勉強が本当に鍵をにぎっていたのです。

通常、テスト期間というのはもう少し短いと思うので、同じ手法は通用しないかもしれませんが、定期テストが大切だということに変わりありません。

言うまでもなく定期テストというのは、受験期間を除いて、学生生活において最も勉強がメインになる期間です。
普段の授業も大切ですが、このわずか数日間のテスト期間中の勉強いかんによって学力というのは大きく左右されてきます。

そりゃ、ずーっと勉強してれば最強なのですが、人間そうはいきません。
そこで、一年のうち何日間かは猛烈に集中してほしいのです。
その絶好の機会が定期テストです。

何度もいいますが、私が京都大学に現役で合格できたのは「定期テスト」に命がけで挑んでいたからだと思っています。

予習・復習、授業中の集中力など、普段から頑張るのがしんどい人は、せめてテスト期間だけでも死ぬ気で頑張ってください。

たった一週間、定期テストを頑張っておけば、後々大きな実力となって現れてきます。

定期テストを侮ることなかれ。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。