Home > スポンサー広告 > 中間テストの対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > 勉強法の相続全般 > 中間テストの対策

中間テストの対策

定期試験の勉強、どれくらい前から準備し始めていますか?

私は3週間前からやってました。
とはいっても、全教科するわけじゃありません。
3週間前からやったほうがいい科目をやっていきます。
具体的には暗記系科目。
世界史、日本史、生物、倫理、地理・・・
社会、理科ですね。
特に世界史、日本史あたりは覚えることが中心なんで、早めにやっておくことが大切です。

ただ、はっきり言って3週間前というのは早いと思います。
ですが、それだけのメリットもあります。

まず当たり前ですが、余裕を持てる。
余裕があれば、そのぶん丁寧に対策することができます。
暗記系の一夜漬けは最悪。
覚える時にかけた時間と同じくらいで忘れます。
つまり、試験の次の日には消えてます。
なんのための定期試験ですか?

次に見落としがちなメリットが、何度も反復できること。
これが最大のメリットだと思います。

まず、3週間前に始めて試験2、3日前までにじっくりと暗記していきます。
ここで大切なのは、「勉強する時は復習からスタート」の法則を守ることです。
これをやっておかないと、次から次へと抜けていくので効率が激減します。

で、試験2、3日前(前日でも可)に総復習をするんです。
つまり、念入りに覚えた(1回目)後に2回目というプロセスを踏む。
それによって、かなり忘れにくくなります。

1週間前からだと、1回通すのがやっとでしょう。
それもざっと。
暗記には忘れた頃に復習する。これが効くんです。
忘れるには3週間くらい必要です。
ここでその作業をやっておかないと、積もり積もって受験勉強時にもの凄い分量になってのしかかってきます。

試験対策準備はお早めに。
関連記事
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。