Home > 勉強法の相続全般

勉強法の相続全般 Archive

参考書の続け方

新しい参考書に今日から取り掛かる。普通、最初のページからやっていくと思います。これで最後までやり切れる人は、もちろんそれでかまいません。ここで対象とするのは、数ページで挫折してしまう人です。最初はやる気たっぷりなのに、早々とくじけてしまう人に提案したいのが、最初のページからではなく、あえて途中から始めることです。第1章からやるのではなく、第3章からとか。これがいい一番の理由は、必要なところが必ずで...

成績上昇の潜伏期間

心を入れ替えて、むちゃむちゃ勉強した。勉強法を変えてみた。すぐに結果が出てほしいのは分かりますが、現実そうもいきません。勉強の成果が成績に反映されるまでには、潜伏期間があると言われます。その期間、約3ヶ月。英数国では特にです。英語はある部分をマスターしたからといって、すぐに成績が上がるものではありません。文法、読解、英作力・・・いろいろなことの「総合力」が試される科目だからです。数学、国語も同じ。...

試験開始直後

試験開始直後にすべきこと。まず名前を書くのは当然として、次に何します?おすすめしたいのが、時間配分の書き込み。試験時間÷問題数(大問)をして、問題用紙にメモしておきます。これで大幅な時間配分ミスはなくなるはずです。少々オーバーしてもかまいません。オーバーしているという認識があるだけでも違います。特にセンターでは時間が勝負的なところもあるので、時間配分は必ず前もって決めておきましょう。過去問を解いて...

二次試験>センター試験

センター試験と二次試験。優先順位を付けるなら、迷わず「二次>センター」です。(とはいっても、傾斜配点にもよりますから一概には言えません。難関大学になればなるほど、二次の配点が重視される傾向があるということです。)自慢じゃありませんが、私はセンター試験は苦手でした。模試、本番を通してセンターでA判定は一度も取ったことがありません。ですが、それほど気にもしていませんでした。それは二次がある程度できたか...

大学受験と大学入学後

(私が法学部生なので、あくまで法学部における話。理系などはこの限りにあらず)少なくとも法学部においては、高校までの勉強と大学に入ってからの勉強は全くジャンルが違います。当然法律を中心に学びます。受験で必死に勉強してきた知識の使用は皆無です。英語は研究の方に進むなら必要かもしれません。将来使うこともあるでしょう。しかし、数学は100%と言ってもいいほど使いません。小学校レベルの算数すら・・・といった感...
Links

リンク集…相互リンク募集中

Top